職場にいる面倒な人に好意を持たれる方法5選

悩む

このブログの筆者は百貨店に勤務しています。直接お客様と接客するタイミングもありますが、比較的内部の人とのやり取りが多いところで仕事をしています。プロフィールはこちら。

会社もそうですが、仕事場ですから当然ながら面倒な人もいるんです。

内部で仕事をするときは毎日毎日同じメンツというわけではないのですが時々会うんだけどなんだか付き合いにくい。そういう人にどうやったら付き合っていけるかということを考えてまとめてみました。

会社でも嫌な人の一人や二人いる人がほとんどだと思います。子供じゃないので喧嘩をするわけには行きません。いちいち喧嘩をしていたら仕事になりません。

かえって自分の評判が落ちてしまうからです。

そんな時に私だったらどうするかとまとめてみました。これはあくまでも私の一個人のやり方になるので参考にしていただけたらいいかなと思います。

 

PR

電子書籍

 

その人の傾向を分析する

分析するって言ってもずっと観察するわけには行きませんから自分である程度想像も入るのですがちょっとづつ知っていくと傾向が分かってきます。

どういうことを嫌がるのか、どんな事ならOKなのか。面倒ですけど面倒な人なのですから割り切ってちょっとだけ頭の一部を使って分析をしてみてください。

そうすると、「案外これならいいんだ」とか「こういう場合が嫌がるのか」とか結構分かってきます。

面倒な人というのは余計なことを言ってきたり、どうでもいいようなことをねちねち言ってきたりしますよね。

ねちねち言うということは面倒なことだと感じているから言うわけなんですよね。そこが本人が嫌だと感じているところ。

私のこの記事を書こうと思ったきっかけの人は、後処理をする立場なのですがその面倒くささがねちねち言うことにつながっています。当然仕事なのでそんなこと言うほうが悪いのですけど、そこが面倒な人なんです。

 

何かお願いするときは大げさにお礼を言う

人は役に立った時にお礼を言われて気分が悪い人っていませんよね。きっと気分がいいはずなんです。

面倒な人にちょっとでも何かをしてもらったら、ちょっと大げさに「助かりました!」「ありがとうございます!」って言ってみると結構いい感じになるときがあります。

「これぐらい大したことないよ」とかって言ってくるかもしれませんよね。

このちょっと大げさにがポイントですね。

褒められてうれしくない人はいないということ。

 

お願いするときも、「面倒なことお願いして申し訳ないんですけど」とか「ちょっとこれ困っているんですけど」とかその人が頼られているかのような雰囲気を出すと「えーー」って言いながらも納得してくれたりします。

この、えーーーって言われるのが面倒なのですけど、その辺はぐっとこらえて心の中で舌を出してもいいので。

 

こういう風にするとちょっと対応が変わったりします。

 

いい面を見つける

この人こういうところはちゃんとしてるな、とかそういう面を見つけると自分の中のストレスが少しだけ減ります。

気に入った人にはとても話し上手だとか挨拶を徹底的にしているとか。そういうちょっと偏った人というのはこだわりが強い傾向があります。

ものすごいポジティブだとかそういう人いませんか?

そういう面を見つけてみてください。

 

少しでも理解する

なんでこんなこと言われなきゃならないの・・・って思うこともありますが、その人なりの一生懸命さの表れかもしれませんので自分が面倒だな嫌だなって思ったときに、「なんでそんなことを言うのだろう」っていうことをちょっとだけ考えてみる。

そうすると「これは苦手なのかな」とか「なんか機嫌が悪いな」とか何かあったのかなとか思ってあげると何か自分の中で変化が起きるかなと思います。

こちらが理解をしないとずっと平行線なので、なんでもいいので理解をしてあげる。

で、ダメなことはだめだと言う。言えなかったら伝える手段を考えるなどをしてみるといいのかなと思います。

 

話ができそうなときはちょっと深めに話してみる

相手が面倒な人の場合、こちらが拒絶してしまうと相手は余計拒絶して距離が縮まりません。距離を詰めたいときはタイミングを見計らってなんでもいいので質問をしてみる。

聞かれて返事が返ってこなければそれで終了でいいのですが少し話ができそうなら少し深めに話をしてみる。

意外に返事がいろいろと帰ってくるときは相手から拒絶されていないということになります。そういう時はチャンスです。

天気の話でもいいし、食事の話でもいいし。なんでもいいから興味ないことでもいいから聞いてみると少し距離が縮まります。

 

ここまで話ができればあとはそれを繰り返すだけで好意を持ってもらえます。

 

注意点

面倒な人と付き合う場合注意点があります。この注意点も意識しないと結局自分がつぶれる結果になってしまう場合もあります。

 

自分が引きずりこまれないようにする

これは女性に多いのですが、悪口を言うのが好きな人っています。それにものすごいネガティブな人もいます。

そういう人と話し込んでしまって自分が引きずりこまれないように注意してください。

例えば好きでも嫌いでもない人の悪口を聞かされて意見を求めてこられても嘘でも「私もそう思ってました」って同調してはだめです。

悪口を言ったりネガティブな人というのは底なしなところがあります。同調をするとずっと同じ話をされてしまう可能性があります。

あくまでも「そうなの?知らなかった」ってスタンスでいいと思います。

「私はそうはあまり思わないけどね。」というのを付け加えておく。

一緒ではないという意見をちゃんと言っておかないと引きずりこまれて巻き込まれます。

その人との会話はそういう悪口の傾向があるというこをと覚えておかないといけません。

 

何より引きずり込まれると自分がしんどい思いをしますので切り離しておくことが大切ですね。

 

 

自分なりの気分転換を持っておく

こういう会社でのやり取りをするととても疲れます・・・比較的若い方は気分転換がうまいのでしょうか。自分だけでストレスが発散できることを持っておく。

仕事中でもちょっと散歩に行くとか、コーヒーを飲むとか。その場から離れるだけでもだいぶ違ってすっきりしますよね。

ちなみに私の場合はその場から離れて関係ない人と適当におしゃべりしたりするだけで忘れてしまったりします。

気分転換には「笑う」というのと「忘れる」っていうのが大切ですかね。引きずらないようにします。じゃないと自分の時間がもったいないでしょ?

 

ルンルン

↑こんな感じに戻れると最高です!

 

自分の話し相手を作っておくというのも大切。私だったら夫や娘に聞いてもらうこともあります。誰もいない・・・って思っていますか?なんでも聞いてくれる人を見つけることは簡単なんですよ。

 

↓なんでも悩みが解決するココナラ ↓



有料にはなりますけど、どうしても話し相手が見つからないとかいう人や話す相手がいないという環境に置かれている人はこういうサイトを利用するのも一つの手段。

飲み屋さんとかキャバクラとかと違ってお酒や高額な料金を払わなくても話し相手になってくれて優しく対応してくれる人がいます。友達ではないので有料にはなりますが、専属の人があなたに時間を確実に作ってくれます。

すごいですよね。今の世の中。昔だったら友達を無理やり時間を合わせたりしなければならなかったリします。

今はこういうサービスもあるので誰とも話ができない。困ってしまっているという人はこのココナラを利用してみてはいかがでしょうか。

登録は無料でできます。

 

まとめ

いろんな環境の人がいます。私の場合はこうやって面倒な人と付き合ってきています。簡単なようで以外にできなかったりしますよね。

これができると人の幅も広がるのでこうやって出会いって増えるのかなと思います。

コロナの時代ですし人づきあいがなかなかうまくならないとか行き詰っちゃったりすることもあるかと思います。経験が大切です。

嫌なこともいいことも全部ひっくるめて自分の人生になります。あきらめずにでも頑張りすぎないで人間力高めて行きたいですね!

 

PR


puchihapi

横浜市在住、40代の高校生と中学生のお母さん。おばちゃんブロガー
ポイ活に力を入れて別ブログ書いています。
富裕層の姑と企業の管理職の夫を持つ。庶民派主婦。
発達障害の息子と数年間葛藤して現在は寮生活。壮絶な日々を経験。
適応障害になりつつ毎日頑張る!カーブスに通い心の元気を取り戻しつつある。今までに得た生きるコツや何気ない日常、苦労したことなどを発信しています。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。