20年前の結婚の条件

現在年齢は40代になっちゃいましたけど、結婚して早20年経過してしまいました。なんということででしょう・・・という印象。

 

当時23才で結婚を決意しました。

 

このブログは40代の方に向けたブログになっているのでこれから結婚を考えているという人は全体的に少ないのかと思うので結婚に向けたアドバイスというよりかは、こんな人生もあるんだなって思って読んでもらえばいいかな。

今の若い人には分かってもらえないような時代的な背景もあるのかもと思うのでこういう時代だったなって思い出してもらえばいいかなって。

 

結婚して20年。当時の結婚の条件を思い返してみる!読みたい人だけどうぞ!

 

決して恋愛上手ではありません

結婚が比較的当時から見ても早かったんです。23才だと当時はできちゃった結婚が多かったんですよね。芸能人も大体できちゃった結婚でしたけね??(忘れちゃった)

若かったのである程度いろんな人から声がかかったり食事にいったりということはそこそこはありました。家にいてじっとするタイプではなかったのであちこち出歩いてはいました。結婚については漠然と結婚はしたいなと思ってはいたんですが、私の回りにいたのは評判の悪い地元の先輩とか就職する前にやっていたバイトの同僚で彼女の浮気現場に居合わせたりとか修羅場を経験しているなんだか色々ある人でした。

私自身は特に恋愛上手というわけではなくてそんなに器用じゃない。結婚はたぶん遅いだろうな・・・って思ってた。

 

でも、結果的に結構早くに結婚ができちゃいました。

びっくり

何となく考えていた結婚の条件

当時若かったので結婚が今すぐ事案じゃなかったんですが、何となくですが考えていた結婚の条件は、

 

  • 話が続く人(話を待っている相手はNG)
  • 仕事をちゃんとしている人

 

このくらい。

今結婚の条件で大学を出ている人とか年収がこれくらいとかって言う人もいると思うんだけど、私の叔母が旦那さんのDVで青森から逃げてきたという修羅場を子供時代に見ていたということもあり結婚する相手は「人間性が大切」ということがマスト。

結婚するに当たって仕事がちゃんとできていないとその先が難しいのも一つだったので仕事をちゃんとこなしている人ということも。やっぱりね、仕事が不安定な人より安定思考の方がね・・・いいよね?

 

でも、考えていたのはこんなもんです。あれこれ考えてなかったのがかえって良かったのかな?

 

多分この条件が少ないのは若かったからでしょうね。だって条件なんてどうにでもできます。できないのは子供が欲しいとか欲しくないという意見の違いですね。

給料がいくらくらいとかそういうのって20代だとまだ未知数。出世すれば増えていくし。少なければ二人で働けば何とかなるし。自分も若かったから何とでもなるなって思った覚えがあったな。

 

コミュニケーションは必須

当時、結構好きな先輩の人と少しお付き合いをしていたんですがコミュニケーションがあんまり取れないの!というかとろうとしないというか。

予定を決めないでいきなり呼びつけるような。なんか暇なときに呼ぶみたいな人。

 

こっちの予定もあるのに(当時アルバイトをしていたのでいつでも空いていない)それを一切考慮しないのね!

やっぱりね、いくら好きでもこういう約束とか全然できないような人とはそれ以上進みませんでした。こちらを尊重していないんですから。自分が暇なときに暇潰しな相手ってことだしね。

 

最低限のコミュニケーションじゃないの?約束ごとをするっていうの。

 

夫は親会社の人

夫は私の会社の親会社の人間でした。

就職した業界が女性が少ないということもあり、若い女性からみたら選びたい放題というかw選べる側だったのは間違いない。

男性側から見ると、業界的には昇り調子だから給料は比較的良い業界(今もかな)なんだけど女性が少ないから結婚相手が見つかりにくいというのはデメリットみたいね。

こういう業界に入ってしまったがために仕事はやりにくかったけど(男社会だからね)結婚相手はすんなり見つかったという現象が起きました。しかもかなり早く。

いいんだか悪いんだか・・・ですね。

 

結婚相手に選んだ夫は、当時は期待されている若手だったし、おしゃべりな人だったんで条件的には申し分なく、逆に私が引くくらい押されて結婚した感じはありました。

 

今もそうかもしれないんだけど、仕事先の人と一緒になる方が人となりが分かりやすくてずれがあまり無いのでいいのかもしれません。

 

にしても、当時23才。結婚していいか迷いましたが、不器用な性格を考えると結婚しておいてもいいかなと思って結婚するという決断をしました。結婚するってやっぱり決断でしょうかね。

 

自分が追われて結婚した方が大事にしてもらいやすいし、理解をしてくれるし追いかけられて結婚した方が自分は幸せなんじゃないかなとかって思うところですね。

 

 

いいタイミングで相手を見つける方が楽

結婚って勢いって言うけど、ほんとにそうだと思う。勢いとタイミング。これ大事。付き合いに至るのもタイミングと思いますけど、決断するのもタイミングじゃないかなと思います。

すべての人が結婚するべきとは思いませんけど、一人で生きるより二人の方が楽しいかなって思いますけどね。

一緒に考えて相談して話し合って生きていける生活していける人がいた方がいいかなって思ってるんですよね。

 

結婚って待っててもできないね。行動力と決断が必要かなって思います。

決して早くに結婚をしようと計画していたわけではなくたまたま早かったという感じです。

 

 

山あり谷あり20年

20年だよ!すごいねぇ・・自分でも思う。

どおりで歳をとるはずですw

結婚はギャンブルみたいなところはあるかもしれないけど、そういう意味ではお互いにいい案件だったんじゃないかと思うところです。

 

こんにゃろ。。。離婚してやる!!って思ったこともの何度もあるけど、意見をぶつけてここまでよくやってこれましたよ。

結婚を悲観的に考えている人に、結婚って楽じゃないけど楽じゃない分結束が深まるので絶対的に裏切らない相手というのを手に入れることができます。

家族って損得勘定ないから。チームになるんでね。

要は助け合いができる。得意なことと不得意なところをカバーして強くしていけるのが結婚じゃないかなと思う。

 

私が経験してはっきり言えるのは、結婚しやすい職場としにくい職場っていうのはやっぱりあるんだろうなって思う。出会いがないと自分から見つけに行動しないと結婚できないから行動力で結果が変わってくるんだろうなと。

結婚しにくい職場にもし就職していたら結婚相談所を利用していたのかなって思います。

 

もっと役に立ちそうなことを書きたいなと思っていたんですが結果的になんだから歴史を書くだけになってしまいました。

 

では!

 

 

ブログランキングに参加しています。クリックしてもらうとうれしい!更新頑張る!
にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ
にほんブログ村

puchihapi

横浜市在住、40代の高校生と中学生のお母さん。おばちゃんブロガー
ポイ活に力を入れて別ブログ書いています。
富裕層の姑と企業の管理職の夫を持つ。庶民派主婦。
発達障害の息子と数年間葛藤して現在は寮生活。壮絶な日々を経験。
適応障害になりつつ毎日頑張る!カーブスに通い心の元気を取り戻しつつある。今までに得た生きるコツや何気ない日常、苦労したことなどを発信しています。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。