実の母親との関係、実はあんまり良くなかった

私は結婚をして子育てをして今も元気に仕事ができていて比較的一般的に見ても「幸せな」生活を送らせてもらっている。

それでもやっぱり子供の問題や姑の問題があったりして、ま、こんなもんかって思えている。これも全部引っくるめて幸せだと思う。

 

仕事を辞めたけど次の仕事を見つけることもできたし、ちょっとづつやれることも人間関係もよくなってきたのでトータルで安定してきた。と思う。

 

でもね、実は実母との関係はあんまり良くはなかった。

 

母親との関係の悪さが他の人より自立心が育ったと思ったし、結婚に結び付いたのもあるし、結果的にその方が良かったと思ってる。

母親と関係が良すぎる方が弊害が多いかもしれない。

 

母親と離れたいという気持ちがあった方が良い

私と母親の関係は一般的には普通なのかもしれない。母から虐待とかネグレクトとかは無かった。それは確かに無かった。

 

何が嫌かって、母親の無駄話の相手になるのが異様に嫌だった。

 

自分の話ばっかりを聞かされてこちらの話には興味がない母親とは結構ぶつかったもんだw

母親の育った環境があんまり良くないというのは理解して同情はしていたけど、それ以上に母親をかわいそうとは思えなかった。

 

むしろバカにしていたところがあって、「あんたのようにはならない」と結構冷たい娘だったと思う。(こんなこと到底母親本人には言えないけど)

 

かわいそうだと言ってほしい母親の心情が丸見えでいわゆるかまってちゃん。仕事もしてなかったので話し相手がほしくて要するに暇だったのだと思う。

それがわかるが故に私はあえて忙しい毎日を送って家にいることを好まなかった。母親の下らない話し相手になるのがすごく疲れるの。

だから、早く自立をしたかったので就職をして3年間で300万円を貯めてマンションを買おうと思っていた。(今思うと甘い計画だったのだけどw)

その前に結婚の話が出てきたのでそのまま結婚した。

迷いはあったけど、家を出る正式が口実ができてそのまま実家を出ることになった。それでよかったと思う。

 

母親との関係の悪さ(関係の近さ?)があったから自立をしようという気になったから結局のところ仲良し親子じゃなくて良かった。

 

親を踏み台にしていいと思う

結婚ってたぶん自然にはできないんだと思う。だから昔からお見合いというものがあって回りの後押しがあってやっと結婚をするという文化がずっとあったのだと思う。

私自身は旦那と結婚するということが迷いがなかったり不安がなかったと言ったら嘘になる。すごく結婚がしたかったというより、「自立したかった」という方が強かったのかもしれない。

私の妹は独身です。結婚を意識していないわけではないけど、自立をしたいという気持ちがそこまで強くなくどちらかというと子供のままでいたいから、環境を変化させないのかなと思う。

自分から自立をしようとはしない。

親が70代に入ってしまったから一緒にいてもらう方がなんだかこちらも安心してしまうんだけど、その前に家を出ろという話は何度もしたが結局のところ変化させなかった。

 

言い換えると親孝行。親にとってはとてもいい子なんです。

 

私はいい子じゃない。でも自立をしている。兄弟のなかで一番心配をかけていないのはこの私だと思う。

 

それを思うと、子供は親孝行な子供じゃない方がいい。親を踏み台にしていいと私は思う。

じゃないと、自立はできないんじゃないのかなと思う。だって、子供はいつまでも親がいたら子供だから。

親がいなくなって離れてみてはじめて自立なんだと思う。

親孝行なんて遅くてもいい

親孝行なんて親が生きていればいつでもいい。急がなくたっていい。

それよりも自分の人生を自分で歩める時に歩いた方が絶対。

 

私自身今が一番母親と関係が良い

今現在はどうかというと、離れて自分の人生を歩ませてくれてそれ以上詮索もしないで干渉もしないでくれた親はある意味いい親だったと思う今が一番いい関係だなと感じる。

私を自由にさせてくれた。母親との関係は一時期悪かったけど、愛があるがゆえに私を自由にしてくれてすべてを認めてくれたことに今は感謝をしている。

 

親だって完璧じゃないし、完璧な人生を送っているわけじゃない。自分が親になればそういう気持ちがすごく分かるので母親の気持ちが一番わかるのはもともと関係が悪かったこの私なのかなと思う。

 

母親と娘って離れた方がうまくいく場合もある。近すぎると良くないこともあるんだなと思う。

 

 

puchihapi

横浜市在住、40代の高校生と中学生のお母さん。おばちゃんブロガー
ポイ活に力を入れて別ブログ書いています。
富裕層の姑と企業の管理職の夫を持つ。庶民派主婦。
発達障害の息子と数年間葛藤して現在は寮生活。壮絶な日々を経験。
適応障害になりつつ毎日頑張る!カーブスに通い心の元気を取り戻しつつある。今までに得た生きるコツや何気ない日常、苦労したことなどを発信しています。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です