スポンサードリンク

アトピー息子、無事修学旅行から帰ってきた


先日ブログで書いていましたアトピー持ちの息子の修学旅行ですが、金曜日に無事帰ってこれました。

男の子なのであまり詳細を詳しく教えてくれないのですが、まあまあ楽しく行けたようなのでいろいろと心配事がありましたが、頑張って行って帰ってこれて何よりです。

6年生になると2泊になるのですが、楽しみで行くお子さんは何も心配がないのでしょうがうちの息子はあまり乗り気じゃない状態で出発したので私を含めた家族みんなが「途中で呼び出されるのでは・・・・」ととてもひやひやしていました。

ですから、無事に帰ってこれたときの喜びは格別なものがありました!

PR

 

アトピーのケアをお風呂上がりに必ずするように

息子の皮膚は一度悪い方向に転がり始めるととことん悪くなってしまうので、なんとかその肌の状態をキープするためにはやはりある程度のアトピーのケアを本人に宿泊先でやってもらわなければなりません。

ですから、ある程度の年齢になったら自分のケアを自分でできるように言ってきました。本人はあまり深刻に(というか面倒なので)考えていませんがアトピーのお子さんはちゃんと意識を持たせておかないと大変なことになります。

見た目の問題もあります。

先日ですが電車の中でとても重度のアトピーをしている40代か50代の男性を見かけました。おそらくですが何も治療をしていないように思いました。

割と男性は見た目のことを気にしない人もいますが、やはり通常の社会人として社会に出るのであればある程度の見た目というものは気にしなければならないと私は思っています。

子供の社会でも見た目によっていじめに発展したりすることもあります。

うちの息子もおそらくほって置くと何も気にしないタイプの男になりそうです。

だけど、それではダメだということを常日頃言って意識を育たせなければなりません。そういうことって一日や二日では解決しないです。

 

ということで、薬と保湿を持たせてお風呂上がりには必ずお薬を赤くなっているところに少しつけて保湿をしないとだめだよと言って聞かせて出しました。

帰ってきて聞いたところ本人は「ちゃんとやった」と報告がありました。体を見たところまあまあな状態で帰ってこれたので良かったです。以前は劇的に悪い状態で帰ってきました。

ただし、背中のケアができない(保湿ができない)ということで、背中から少し傷から出血があってTシャツが汚れていました。

この辺はちょっと難しいですね。

 

ただ、ちゃんとケアが簡単にですが自分でできて肌の状態を比較的良い状態でキープできたのはとても良いことはとても良かったです。

 

あと、修学旅行など活動が多いとアトピーのストレスを忘れてしまう、感じなくなるという点もあるようです。通常の学校生活を送って自宅でゲームなんかやるよりはるかに活動しますしね。

良く眠れてかゆみもあまり感じなかったようです。

 

うちの子供も精神年齢はかなり低いですが成長を感じることができる二泊三日でした。もう半分大人になってきたのでしょうね。

残り少ない小学生ライフを彼なりに過ごしてほしいと願う母でした。

 

 

 

 


ブログランキングに参加しています。もしお役に立てましたらポッチとお願いいたします。更新の励みになります!!
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ アトピー肌へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村


コメントを残す