スポンサードリンク

夏はとびひに注意!ジュクジュク傷には絆創膏は絶対NG


久しぶりの投稿です!管理人のチロロママです。

随分お久しぶりになります。

こちらで登場していたアトピー息子は現在小学校6年生になっております。現在はアトピーセルフケアのやり方を教えつつ自分で自分の皮膚のケアができるように日々修行させています。

これからはあまり親が手を出さないように自分でできるようにさせていきたいですね。

さて、今日は実は私の夫の話です。同じような症状の方がいたら是非参考にしていただきたいと思います。

かゆみが出てジュクジュクしてしまったらどうしたらいいか。その手順です。

PR

ひどくかゆく傷がじゅくじゅくしている状態

実は先日から夫がひじ、足のいたるところにひどいかゆみからとびひを起こしてしまいました。

うちの夫は家にいる時間が非常に短いため私が良く見てあげることができなかったため悪くなってしまいました。非常につらそうでかわいそうです。

写真を載せようかと思ったのですが・・・夫が嫌がったため掲載することができませんでした。

我が家の息子は一度とびひで死ぬのではないかと思うほどのひどい状態に陥ったことがありました。私はその時の経験があるので自分自身を見ることができるのですが今回はひどくなるまで気が付くことができませんでした。

夫は非常にストレスを抱えています。そのせいで体のかゆみが突然襲ってくることがあるそうなのです。そこであちこち搔きまくってしまったためとびひ(じゅくじゅく傷)があちこちに増えてしまって余計かゆくなってしまったんです。

とびひは掻けば掻くだけ広がってそこが全部痒くなります。

まず、とびひを広がらせないためにはかゆみ止めを使ってとにかく掻くのを抑えます。(これが一番難しい)一か所で済ませられれば早く治ります。

しかし、その前に多くの方がやってしまう失敗があるのです・・それは・・・

絆創膏を使って傷を覆うこと!これ、大失敗なんです。

絆創膏をすることで傷の通気性が悪くなり最近が繁殖してしまい余計かゆくなるんです。

それによってかゆくて掻いてしまって全身に広がって・・・・という状態になってしまいます。これはとても辛いです!経験したものしかわからない恐ろしいかゆみです。

 

正しいとびひの対処法

私個人が自宅でやっている対処法です。

まず、傷がじゅくじゅくしてきてしまったら

 

①傷を消毒する

マキロンなんかで十分です。なるべく早めに消毒してみます。

 

②絆創膏ではなくて包帯を使って傷を覆う

お子さんなんかは難しいかもしれませんがとにかく掻かないように対処します。傷に触れないようにします。うちの息子はアトピー用の筒状の包帯、チュビファーストを使って完全防備していました。傷が治るまで時間がかかったので毎日毎日包帯です。チュビファーストは筒状なのでとても便利です。

 

③なるべく早くに皮膚科を受診する

なぜとびひになったのか原因が違う場合がありますのでやはり皮膚科の受診は必須だと思います。うちの夫の場合ですがアトピーで良く使うステロイド剤ではとびひは治りませんでした。
乾燥させる軟膏と細菌の繁殖を抑えるお薬を使って治していくようです。

 

とびひは意外に怖い

とびひは意外に怖いです。抵抗力が弱っている時なんかになってしまったりします。そうすると高熱が出てしまったり体がだるくなったりするみたいです。

ただの皮膚炎と侮らないできちんと対処して早めに手を打ちましょう。子供も大人も同じです。


ブログランキングに参加しています。もしお役に立てましたらポッチとお願いいたします。更新の励みになります!!
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ アトピー肌へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村


コメントを残す