スポンサードリンク

黄色ブドウ球菌に着目したADリッチクリームを使い始めた


温度差が最近大きく非常に体調管理が難しい今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

アトピーの息子の肌の調子はこのところ調子がよくいいのですが、大人である私のほうが悪い感じ。

寒さで代謝が悪いのもあるのでしょうが、非常に傷が治りにくい感じがします。寒いときもある程度汗をかいて代謝を高めたほうが皮膚にも良いのです。

体を温めて適当に発汗するほうが肌のバランスを保つには良いのです。

さて、今回は新しいクリームを試してみることにしました。黄色ブドウ球菌の増殖を抑えることを目的としたクリーム、ラフィスADリッチクリームを試してみました。

 




常在菌バランスを考える

今まで子供の皮膚を見てきて、なぜこんなに皮膚の状態が左右してしまうのだろうと思っていました。肌の常在菌について考えたのは息子のカンジタ皮膚炎の時。

普通にいるカンジタ菌がこんなにも皮膚に影響を及ぼすなんて・・・・なんて弱いのだろうと。

通常の健康的な皮膚であればこんな状態にはならない。それはなぜだろう。

それはアトピーの皮膚が非常にバリアが弱く常在菌のバランスが崩れるから。という結論に私の中では至っています。

ですから、日ごろからできることはかゆみが強い時は少し消毒して一度皮膚の上の菌をリセットする。そうすることでかゆみから解放されて(うそのようになくなる)あっという間に治っていきます。

このやり方で今までやってきました。

 

今回見つけたクリームはその常在菌のバランスを考えたクリーム。これはかゆみのある肌、乾燥からくる肌のバランスが崩れた時などに効果があるかもと思って試してみることにしました。

まさに、私の考えと一致していました。

ラフィスのADリッチクリームはアトピーの肌などでかゆみの原因となる黄色ブドウ球菌に効果があるとする、抗体入りダチョウ卵黄エキスを使った最新の研究から開発された成分を使っています。

 

抗体入りダチョウ黄卵エキス

このクリームの特徴は何と言ってもダチョウの卵黄エキス。

この研究は京都府大学、塚本康浩教授により研究開発された成分だそうです。ダチョウ卵黄から抽出した肌表面のPHバランスを整える成分があるそうです。

この成分を使えば乾燥によるかゆみによるバランスの崩れを改善することができるということ。

今まであまり聞いたことがありませんでしたが、最新の研究成果なんだろうと思います。

先日、私の内科の主治医の先生と話をしていた時に、息子のアトピーの話になり先生がふと

「アトピーの研究も年々進化しているからね。もっといいものが出てくるかもね」ということをおっしゃっていたのを聞いて、これのことなのかなと思いました。

今まで私が皮膚の保護や改善に一番いいなと思う製品はファムズベビーです。これは変わりがありません。ファムズベビーはかゆみを抑える効果や改善する効果はあまりないのですが、保護して改善していくという意味ではとても効果あります。この考えは今も変わりありません。

ですが、ラフィスのADリッチクリームは、かゆみを抑えて皮膚を改善させてくれるかもしれないと思い試してみることにしました。

お試ししてみました

お試しチューブは7日間お試しなのでとても小さいチューブです。お試しにはちょうど良いサイズかなと思います。

私の体と手湿疹があったのでそちらで試してみました。

季節が進んで水仕事であっという間に悪化してしまう手湿疹。これに試してみることにしました。

非常にかゆくてつらいです。

 

すぐわかりましたがかゆみが違います。かゆみが収まっていきます。

 

これはなかなか・・・すごい効果あるかもしれません。

 

まだ使い始めて数日しか経っていないのですが、違いを感じたので定期便でクリームを継続して使ってみようかと考えています。

通常でお買い物をすると6500円とちょっとお高めですが、定期便にすると4875円とかなりお得になります。

小さい子供から年配の方まで使えるように無添加というからすごい。

無添加クリームですから、顔から体からどこでも使えます。特にこれからの乾燥時期。乾燥からくるかゆみでお困りの方、かゆみがとにかくなんとかしたい方、アトピー皮膚の方ぜひお試しになってみてください。

私もまた継続記事をアップしたいと思います。

 

お試しはこちらから。

 


ブログランキングに参加しています。もしお役に立てましたらポッチとお願いいたします。更新の励みになります!!
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ アトピー肌へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村


コメントを残す