スポンサードリンク

アトピーを悪化させないコツ、それは内服薬を飲むタイミング


薬

いつもご覧いただきましてありがとうございます。

私の住まいの横浜はようやく長雨が収まりお天気になりました!このところ仕事に出ていたので洗濯物も丁度いい具合にたまっていたのでがっつり洗濯物をしました!

アトピー息子がいるので比較的洗濯物は多めで(パジャマ類は毎日取り換え、バスタオルなども清潔を保つため)こう雨続きだとやはり困りますね。。

特にタオル類は結構たまります。湿度が高くなると菌が繁殖してしまうので洗濯をしたいのだけど乾かないので困りますね・・・

さて、今回は私なりのアトピーを悪化させないコツをまとめてみたいと思います。ポイントはいくつかあるのですがそれについてまとめてみたいと思います。

PR

ポイントはかゆみ止め内服薬

時々記事ででかゆいので薬を飲みました!という記事を書いていますがそれがまさにそうなんです。

私が一番気にしていることそれは「自分の体のかゆみ度合いを自覚するということ」です。

アトピー肌アトピー体質と言っても四六時中かゆいわけではありません。かゆみが収まっている時間はあるわけです。それを0としてかゆみが一番ひどいときを100%として自分の中で認識をしておきます。

かゆみが少しある程度から内服薬を使って体の中のかゆみを抑えておくとそれ以上悪化しないで回復に向かうことも多いです。

かゆみが出るということは、何らかの体からのサインと考えて、ストレスがある場合は休むようにしたり、食べ過ぎによるかゆみだったら食べ過ぎに注意して胃腸を休めたり。飲みすぎだったら飲まないようにしたり。便秘だったら便秘を解消するようにしたり。

そんなことからかゆみをコントロールすることができます。

アトピーのかゆみは体のバロメーターとしてとらえています。早め早めに手を打てば健康肌を保つことができますので皮膚が硬くなったり黒くなったりすることを避けることができます。

アトピーは皮膚の病気ですが、繰り返しかかると皮膚が黒ずんで硬くなり老化のようにも見えてしまいます。脱ステロイドをしている方は割とそのような肌になっていると私は認識しています。

私は脱ステロイドは反対です。お薬を使って健康肌を保つように心がけています。

最近はファムズベビーというアトピー予防スキンケアが登場したりアトピーに対する環境は結構変わってきています。近い将来根本治療ができると良いなぁ~~と願っています。

 

内服薬じゃなくてもハーブのお茶などでも代用できる

かゆみを抑えるものはお薬だけじゃないということをブログを通じで知ることができました。ハーブのお茶が比較的即効性があり常用することでかゆみを抑えて気持ちも収まる効果があるということを知りました。

記事はこちらです。⇒飲むと割とすぐ効くかゆみを抑える効果、五行茶

ほかにももっといいものがあるかもしれないので探して試してみたいと思います。

 

紫外線もかゆみのもと

結構男性に多いですがあまり紫外線のケアをしていない方多いですよね。アトピー肌は紫外線がかゆみの原因になることもすごく多いです。とにかく普通の人より弱いわけですから紫外線ケアはしたほうがベターです。

紫外線をうっかり浴びてしまうとやっぱり余計にかゆみが出ます。一部分にのみかゆみが出たりすることもありますので市販のかゆみ止めを使ってとにかくかゆみを抑えておくと掻かなくなります。ムヒとかね。

今までは汗によるかゆみをコントロールするのが非常にやっかいで難しかったのですが、最近はファムズベビーのおかげで汗によるかゆみのコントロールも比較的簡単にできるようになりました。

子供もファムズベビーでかなりかゆみを抑えることができて大助かり。

汗によるかゆみがひどいので夏場の運動ができなかったのですが、ファムズベビーのおかげで運動もできるようになるかもしれません。これはかなり大きいです。

私自身背中のかゆみがひどくて大変なのですが(血が出るほどです)ファムズベビーが効果があります。

 

 

私なりの対処法ですが、日常生活を不自由なくすごくことができて笑って過ごすことができています。これは大切なことなんです!!

アトピーに左右されない人生。アトピーなんて治るんですから!!人生楽しく!

 

人生いろいろですがアトピーのせいにはしないで済んでいます♪

 

最後に私のおすすめ本です。

 

 


ブログランキングに参加しています。もしお役に立てましたらポッチとお願いいたします。更新の励みになります!!
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ アトピー肌へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村


コメントを残す